銀河英雄伝説 外伝 黄金の翼

銀河英雄伝説 外伝
金髪の貴公子と赤髪の盟友…要塞攻防戦の中、野望の原点をたどる劇場版第2弾

漫画原作をアニメ化したために既存のシリーズとはキャラデザ、声優、BGM、メカデザインすべてが違う異色作

【動画】銀河英雄伝説 外伝 黄金の翼を観る!

自分は、旧アニメ「銀河英雄伝説」も観ていましたが・・徳間書店から刊行されていた「月刊少年キャプテン」に連載されていた道原かつみ氏の「銀河英雄伝説」のコミカライズも読んでいました。

なのでこの物語をアニメ化する際に漫画原作準拠になるのは、飲み込めましたが・・既存のアニメシリーズとしてリリースされたので当時は違和感ありまくりでした。

「黄金の翼」は外伝の位置づけですが制作されたのは、OVA外伝シリーズの前になる1992年10月(劇場公開もされたらしい)。OVA外伝シリーズが始まるのが1998年から2000年になります。

当時、漫画原作をしらない人から見たらナンジャコリャとなったと思われます。

物語自体は、マンガ用に小説を描き下ろした田中先生のオリジナルですし、道原版「銀河英雄伝説」のアニメ化と考えてみれば、それほど悪くはないので・・不遇の作品といえるのでしょうか。

物語は、幼少のキルヒアイスと隣の家に引っ越してきた一家のラインハルトと姉・アンネローゼとの出会いと別れ。そして、幼年学校から軍隊へ。

数年後、第5次イゼルローン要塞攻防戦でベーデミュンデ伯爵夫人の刺客となるクルムバッハに狙われるというものです。見どころは、帝国が味方ごとトールハンマーをぶっ放すところでしょう。

今見ると緑川光さんのラインハルトと子安武人さんのキルヒアイスのはなかなかいいのですがヤンの声優さんのチョィスが微妙でただのおっさんとなっています(苦笑)

富山敬さんの偉大さがわかります・・が配役した人が悪いと思いますのでヤンを演じた声優さんには罪はありません。

ストーリーの時系列的には、後に制作された外伝「決闘者」(宇宙暦792年/帝国暦483年1月〜)と「奪還者」(宇宙暦792年/帝国暦483年12月〜)の間の話となりますので漫画原作を元にした作品であることを頭に入れて観れば、若き日のエピソードとして楽しめるとは思います。

ちなみに「黄金の翼」とは、ラインハルトとアンネローゼのことです。

31日間無料で「銀河英雄伝説」を観る!

銀河英雄伝説 外伝 黄金の翼 名言

約束しろ!俺より先に死んだりしないって!!

ラインハルト・フォン・ミューゼル

コメント