銀河英雄伝説 外伝 白銀の谷 Kap.III

互いに生きてさえいれば、いつか必ずあの笑顔を僕だけに向けてくれる日が来る。そう信じて戦おう今は。 外伝 「白銀の谷」
生きてBIIIに戻るため、同盟軍の装甲車を奪おうと決意したラインハルトとキルヒアイスは、8人の同盟軍偵察隊を全滅させ動力源と同盟軍のデータを入手。フーゲンベルヒは彼らの死を確認するためにやってきたが…。

銀河英雄伝説 外伝 白銀の谷 Kap.III

荒れ狂うブリザード。

ラインハルトとキルヒアイスの攻撃を受けた同盟軍は装甲車を捨て、二手に分かれ攻撃をした敵を探します。

一隊に対して、高みから雪の塊を投げるキルヒアイス。その音に気を取られ、振り返った兵士の背後から首に真横から氷柱で突き刺し殺害するラインハルト。武器が少ないとはいえ、かなり凄絶です。鮮血が飛び散ります。そして、キルヒアイスはあっという間に見事な腕前で3人をレーザー銃で射殺します。

死体を発見した残りの兵士4人は、大勢の敵がいると恐れ、崖を背にしようと移動しますがそれは罠でした。ラインハルトは、崖の上から装甲車の液体酸素を落として、全員を氷の柱に・・・二人であっという間に同盟軍を殲滅します。やはり、末恐ろしい二人です。

同盟の装甲車を奪おうとしますが脳波で運転手を判別するシステムになっており、使用できないためエネルギーとデータのみを奪取します。

βⅢ基地では、ラインハルトがどうなったか・・気になってしかたがないチキンなヘルダー大佐が我慢できなくなってフーゲンベルヒをラインハルトの元に差し向けます。

犯人は必ず、現場に戻ってくると推理したラインハルトは翌朝、装甲車の上で犯人がくるのを待ちます。もちろん、これは演技です。そこに現れたのは上官であるフーゲンベルヒでした。

自分が有利な立場だと疑わないフーゲンベルヒは、主犯がヘルダー大佐であること、命令はアンネローゼを逆恨みしたベーネミュンデ公爵夫人の策謀であることをベラベラ喋ります・・・聞きたいことをしゃべらせたら、フーゲンベルヒに用はありません。

「キルヒアイスやれ!」

事故死したと偽っていたキルヒアイスがフーゲンベルヒが乗っていた装甲車に砲塔からビームを撃ち込みます。大破する装甲車。ゴキブリ並みの生命力でまだいきているフーゲンベルヒ。命乞いをしますがアンネローゼを「売女」と罵った罪を許さず射殺します。

次は、ヘルダー大佐の番です。装甲車で基地に戻ります。

二人は車中で奪った同盟軍のデータを解析すると敵が奇襲作戦を仕掛けている最中だと気づきます。

突然の奇襲を受けて大混乱に陥ったβⅢ基地。「こんな時に・・」と苦々しい顔をするヘルダー大佐。同盟軍は優勢で基地は危機的状況に陥ります。しかし、攻め勝っていた同盟軍の装甲車が突然停止。ラインハルトがデータ解析をして、装甲車を止めるコマンド送信したのです。

報告をするためにモニター上に現れたラインハルトの姿を見て、思わずちびったヘルダー大佐w

フーゲンベルヒが失敗したのか、ラインハルトが全てを知ってしまったのか、全く状況がわからず狼狽します。それを気分がすぐれないかと思ったのか部下が部屋に戻られたらと進言します。なんて、気の利く部下でしょうw

その言葉を素直に受け取って部屋に戻るヘルダー大佐。ミューゼル少尉が帰投したら自分の部屋に来るように命令します。

基地に戻ってきたラインハルトは勝利の立役者としてに歓喜で迎えられます。

ラインハルト「待っていろ、ヘルダー。そして、その後ろにいるやつら・・」

どうなる次巻!
ヘルダー大佐、ピ〜ンチ!www

31日トライアルで「銀河英雄伝説」を観る!
銀河英雄伝説 外伝 白銀の谷 Kap.IVの感想を読む

コメント