ベーネミュンデ公爵夫人

外伝「決闘者」

「たまには」って、いつもいいところ持って行くじゃないですか・・銀河英雄伝説 外伝 決闘者 Kap.I

外伝「叛乱者」での活躍で大尉に昇進したラインハルト。キルヒアイスと一緒にオーディンへの軍務省に転属です。 なぜかスタッフが一人もいない広いオフィスでキルヒアイスと二人で書類整理をしています。書類の処理ばかりでうんざりし、愚痴をこぼすラインハルト。 ラインハルト「戦死者の数もただの統計上の数字となって、その一人一人に人生があることを忘れさせてしまう。貴族連中の多くは前線に出ることを嫌って後方勤務を望むが、そんなことだから痛みの分からぬ輩になる」
外伝「決闘者」

銀河英雄伝説 外伝 決闘者 Kap.II

アンネローゼ(グリューネワルト伯爵夫人)の弟がシャフハウゼン子爵家の代理人としてヘルクスハイマー伯爵に決闘に臨むという話はあっという間に貴族社会に広まりました。 社交界でも噂になっています。 貴族たちは、サロンにやってきたヘルクスハイマー伯爵に話を聞きたがります。
外伝「決闘者」

銀河英雄伝説 外伝 決闘者 Kap.IV

ベーネミュンデ侯爵夫人「遅いっ! あれから10日も経とうというのに何をしておるのじゃ?わらわはもう待たぬぞ!」 暗殺者がラインハルトと決着をつけると言い残してすでに10日。ベーネミュンデ侯爵夫人はしびれを切らしていました。時間が経つと秘密が漏れる可能性があるので別の殺し屋を探して、暗殺者を口封じするよう準備をしろとの仰せです。本当に悪い女だわ・・w