「私がここで覇道をひいたら誰が宇宙に統一と秩序を回復する?」銀河英雄伝説 本伝 第2期 第41話「作戦名『神々の黄昏(ラグナロック)』」の動画を見る

「私がここで覇道をひいたら誰が宇宙に統一と秩序を回復する。血統と家紋を誇るしかない大貴族の優等児や詭弁と利益誘導で愚民を動かすだけの扇動政治家に人類の未来を委ねるのか・・」 -ラインハルト・フォン・ローエングラム

ラインハルトは、「銀河帝国正統政府」を、門閥貴族を中心とした「歴史を逆流させようとし、ひとたび確立した人民の権利を強奪しようとする」者どもであると弾劾し、これに与する自由惑星同盟政府も同罪だと切り捨てた。帝国民衆はラインハルトの演説に歓呼で応じ、ラインハルトは自由惑星同盟への大攻勢を発令する。作戦名は「神々の黄昏」。それは、2世紀にわたる自由惑星同盟政府の歴史に終止符を打つものであった。

銀河英雄伝説 ON THE WEB
スポンサーリンク

銀河英雄伝説 第二期 第41話「作戦名『神々の黄昏』」の見どころ

・帝国の打倒同盟(旧貴族連合)で盛り上がるのに対して、社会が疲弊している同盟の現状。
・作戦名「ラグナロック(神々の黄昏)」と聞いて発奮するラインハルトの提督達。
・ロイエンタールの敵(本人はそう思ってないが)元秘密警察長官であるラング登場。
・帝国最後の女帝誕生・・それはゴールデンバウム王朝と同盟が滅びに向かう象徴か。

第41話「作戦名『神々の黄昏』」の見どころは、ラインハルトの確固とした宇宙統一をしようとする意志の現れでしょう。

国内が疲弊しているにもかかわらずヤンが存在することで同盟が「銀河帝国正統政府」を受け入れてしまう展開はなんとも皮肉です。

ラインハルトは、フェザーンの謀略と同盟政府の驕慢を手玉に取り事を進めていきます。

・・姉(アンネローゼ)に嫌われたとしても停滞し、腐りきってしまった独裁政治と民主政治に彼がとどめを指し、新しい時代を築こうと強い意思を示します。

キルヒアイスが生きていたらこの様な展開にはならなかったと思うので物語的には、キルヒアイスは早めに退場しなくては、ならなかったんだろうなぁと改めて思います。

そして、ロイエンタールをのちに仇敵として憎むことになるラングの登場。

オーベルシュタインもこの様な人物も陣営には必要であると思い登用したのでしょうが思わず火種になっていくのはチェックしておくべきポイントでしょう。

銀河英雄伝説 第二期 第41話作戦名『神々の黄昏(ラグナロック)』を31日無料を利用して見る

第41話「作戦名『神々の黄昏』」の名言

「民主主義の制度はまちがっておらん。問題は、制度と、それをささえる精神が乖離していることだ。
-アレクサンドル・ビュコック

現在の同盟の現状を憂うビュコックの言葉。

このセリフは第41話の【8:00】付近で登場します。

「フェザーン回廊を通過しないというのは人間が定めた都合であって、宇宙開闢以来の法則ではない」
-ラインハルト・フォン・ローエングラム

固定観念にとらわれないラインハルトのセリフ。

このセリフは第41話の【11:00】付近で登場します。

「少数による多数の支配です。全体を100として、そのうち51を占めれば、多数による支配を主張できます。ところがその多数派もいくつかの派閥にわかれています。すなわち、その51のうち26を占めれば、100という全体を支配できます。」
-ハイドリッヒ・ラング

民主制度を語るラングのセリフ。

このセリフは第41話の【17:40】付近で登場します。

「私がここで覇道をひいたら誰が宇宙に統一と秩序を回復する?血統と家紋を誇るしかない大貴族の優等児や詭弁と利益誘導で愚民を動かすだけの扇動政治家に人類の未来を委ねるのか・・」
-ラインハルト・フォン・ローエングラム

姉に嫌われても戻れないという、ラインハルトの固い決意のセリフ。

このセリフは第41話の【23:00】付近で登場します。

銀河英雄伝説 第二期 第41話作戦名『神々の黄昏(ラグナロック)』を31日無料を利用して見る

第41話「作戦名『神々の黄昏』」に登場するキャラクター

帝国軍

ラインハルト・フォン・ローエングラム(宰相)、パウル・フォン・オーベルシュタイン(上級大将)、ナイトハルト・ミュラー、ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ(首席秘書官)、ウルリッヒ・ケスラー(大将)、オスカー・フォン・ロイエンタール(上級大将)、ウォルフガング・ミッターマイヤー(上級大将)、アウグスト・ザムエル・ワーレン(大将)、カール・ロベルト・シュタインメッツ、フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト(大将)、エルネスト・メックリンガー(大将)、カール・グスタフ・ケンプ(大将)、コルネリアス・ルッツ(大将)、カール・ロベルト・シュタインメッツ(大将)、ハイドリッヒ・ラング(元内務省社会秩序維持局長)

同盟軍

ユリアン・ミンツ(少尉)、ルイ・マシュンゴ(准尉)、アレクサンドル・ビュコック(大将)、ベルンハルト・フォン・シュナイダー(少佐→中佐)

その他

アドリアン・ルビンスキー、ロパート・ケッセルリンク、ニコラス・ボルテック

第二期 第41話「作戦名『神々の黄昏』」スタッフ

脚本:河中志摩夫
絵コンテ・演出:向後知一
作画監督:茅野京子

銀河英雄伝説 第二期 第41話作戦名『神々の黄昏(ラグナロック)』を31日無料を利用して見る

第41話「作戦名『神々の黄昏』」で使用されたクラシックは・・

シューベルト:交響曲3番
ブラームス:交響曲8番
チャイコフスキー:交響曲6番「悲愴」
モーツァルト:ホルン協奏曲第4番
ハイドン:交響曲88番
ウェーバー:舞踏への勧誘
ベートーベン:交響曲3番「英雄」

第41話「作戦名『神々の黄昏』」は原作でいうと・・

原作ですと「銀河英雄伝説4 策謀篇」に収録されているエピソードとなります。

次回予告 第42話 「鎮魂曲への招待」

フェザーンに着任したユリアンは、ヤンの予想をした帝国軍の作戦を挫くべく活動を開始する だが時すでに遅く、帝国軍の神々の黄昏作戦の第一弾は開始されていた

次回、銀河英雄伝説 第42話『鎮魂曲への招待』

銀河の歴史がまた一ページ

次の話

前の話

U-NEXTは「銀河英雄伝説」以外にもり沢山!
新旧ともにアニメ「銀河英雄伝説」が見放題なのはU-NEXTだけ!(19年5月現在)。他にもドラゴンボール、パトレイバー、進撃の巨人、アカギ、カイジ、名探偵コナンなど見放題多数!もちろん、洋画・邦画・ドラマ・・・そして、動画配信サイトとしては唯一の「❤」の見放題まであるのでコスパ最高です! 31日間無料でU-NEXTを試してみる
本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
スポンサーリンク
久々 銀英伝
タイトルとURLをコピーしました